ザ・リッツカールトン東京

2007/6・宿泊記

東京のホテル!泊まってみたいホテル36選



HOME

〜日本橋・銀座・汐留〜
・マンダリンオリエンタル東京
・ザ・ペニンシュラ東京
・帝国ホテル
・ホテル西洋銀座
・ホテルモントレ銀座
・メルキュールホテル銀座
・三井ガーデンホテル銀座
・東京新阪急ホテル

・コンラッド東京
・ロイヤルパーク汐留タワー
・パークホテル東京


〜丸の内〜
・東京ステーションホテル
(休業中)
・ホテルメトロポリタン丸の内
・シャングリ・ラホテル東京
・フォーシーズンズホテル丸の内東京
・丸の内ホテル


〜赤坂・虎ノ門〜
・ホテルニューオータニ
・グランドプリンスホテル
赤坂
・キャピタル東急ホテル
(休業中)
・ANAインターコンチネンタルホテル東京
・ホテルオークラ

〜六本木〜

・ザ・リッツカールトン東京
・グランドハイアット東京

〜芝・浜松町・田町〜
・東京プリンスホテル&タワー
・ホテルインターコンチネンタル東京ベイ
・セレスティンホテル


〜品川・白金台〜
・ホテルパシフィック東京
・品川プリンスホテル
・グランドプリンスホテル高輪
・ザ・プリンスさくらタワー
・グランドプリンスホテル新高輪
・ストリングスホテル東京
・御殿山ヒルズホテルラフォーレ東京
・シェラトン都ホテル東京


〜新宿〜
・京王プラザホテル
・センチュリーハイアット東京
・ヒルトン東京
・パークハイアット東京
・小田急ホテルセンチュリーサザンタワー


〜目白〜
・フォーシズンズホテル椿山荘

〜渋谷・恵比寿〜
・セルリアンタワー東急ホテル
・渋谷エクセルホテル東急
・アリマックスホテル渋谷
・ウェスティンホテル東京


〜お台場〜
・ホテルグランパシフィックメリディアン
・ホテル日航東京


〜水道橋〜
・東京ドームホテル

〜御茶ノ水〜
・山の上ホテル

〜神楽坂〜
・アグネスホテルアンドアパートメンツ

〜その他〜

〜みなとみらい地区〜

〜舞浜地区〜



〜その他の地域の
素敵なホテル〜


・葛城北の丸
・軽井沢万平ホテル
・ザ・リッツカールトン大阪
・ウェスティン淡路
・志摩観光ホテルスイート



〜おまけ♪〜
・表参道ヒルズに近いホテル

・「キッザニア東京」に行くのなら
ザ・リッツカールトン東京



・コノ界隈ではリッツカールトンが「1番眺めのいいホテル!」と個人的に思います。
・カップルなら東京タワー側のダブルルーム!
・プールは無料なので水着は必須!
・大阪同様ギッフェリ(クロワッサンみたいなパン)が美味しかった!でも・・・販売はしていません〜(他のパンは売っていました)


ココ数年、新しいホテルが続々オープンしていますが、そんな中でもかなりの期待大というか・・・オープンが楽しみなホテルでした。

リッツカールトンとしては大阪に続いて2番目。
大阪のリッツは、ロビーや廊下はちょっと狭く、天上高も普通。でも、暖炉があったり、木材をふんだんに使っていてヨーロッパ調の素敵〜な内装でした。

そして東京は・・・
極めてシンプルで品の良いホテル♪「奇をてらわない・・・」そんな感じです。 備品にしても特に珍しいものが置いてあったりはしませんでした。(ヨガマットや+−0の加湿器《マンダリン》とか、お風呂にアヒル《コンラッド》など)

場所は防衛庁の跡地。正面玄関は繁華街の反対側。 車寄せ【正面玄関)から中に入ると小さなエレベーターホールがあってロビー階へ上がれます。
地下鉄の場合、1番近くて地下通路で直結しているのは大江戸線の「六本木」、次に日比谷線。直結はしていないけど千代田線の「乃木坂」も充分徒歩圏内です。南北線の「六本木1丁目」もありますが、ちょっと遠い・・・徒歩10分はありそうです。

さ〜て、今回も一緒に泊るのは、仲良しのCちゃん♪ 最近華やかな生活から遠のいていた私は「今日はリッツだし!」と、〜見た目は可愛いけど、絶対靴擦れのできるハイヒール〜  なんか履いて出かけたわけです。 と、Cちゃんもオーダーメイドのピンヒール! 「わぁ〜可愛いけど痛そう〜」なんて言いながら、まずは薬局で絆創膏を買いました。案の定、ミッドタウンに着いてまずは小指に絆創膏・・・
地下のうどん屋さん「江戸切庵」で昼ビール300円を飲んで、ホテルへ向かいました♪

ザ・リッツカールトン東京 →ロビーラウンジ。フロント方向
から写しています。
右側が皇居側の景色。
ザ・リッツカールトン東京 ↓ミッドタウン側のエントランス。
ココから先が、若干迷路。

ココから
↑正面玄関の車寄せ。
ちょうど車が入って来た
のでベルさんは写っていません。
ザ・リッツカールトン東京 ←フロント。
唯一、大阪のリッツと雰囲気が
似ていると思った場所。
ザ・リッツカールトン東京

ミッドタウン側の入り口からロビーへ上がると、大阪のリッツとは全く違った天井の高いシンプルな空間が登場!フリースペースの椅子はほとんどナシで、大部分がラウンジ&レストランになっていました。ロビーラウンジからは皇居側の景色。フロントの奥にあるレストランからは大きな東京タワーが眺められます。 私達はヒルズ側のツインを予約しましたが、本当はコッチ(タワー側)の景色が良かったと思っています。でも、タワー側はダブルだけなんですよ〜  残念!

フロントはオープンから1ヶ月たっていたし、特に不慣れな印象はなく、まぁまぁな感じ♪愛想もよく素敵な方でした。
「ご案内いたします」とボーイさんにバトンタッチされて客室用のエレベーターホールへ案内されると、ラベンダーのほのかな香り〜♪

 「良い匂いですね」
ボーイさん 「はい。客室フロアでオイルを焚いおります」

で、上のフロアに上がると、「ウワァ〜本当にラベンダー♪」と、言いたくなるほどしっかり香っていました。コレは・・・風邪をひいてる時に泊ったら、香りの分損しちゃいます〜
それから、ちょっと入り組んだ廊下を歩いてお部屋に通されると

私達 「うわぁ〜ひろ〜い!!!」
ボーイさん 「はい。52平米ございます。」

グランドハイアット(六本木)の41平米(?)、コンラッド(汐留)の48平米、そしてマンダリン(日本橋)の50平米・・・・・ダンダン広くなってきて毎回「ひろ〜い」と感嘆しているような気がします。

ザ・リッツカールトン東京 ←本当に写真だと地味ですが、
品の良いお部屋です。
ザ・リッツカールトン東京 ←TVとクローゼット。
TVは多分40インチ。
クローゼットはTVの両脇に
2箇所。扉を開くと鏡張りです。
→窓際のデスク。
大きくって使いやすい。
窓は「足元まで」ではないけれど
窓際にちょっと座ったりして
外を眺めたりするのも
私は好きです。
ザ・リッツカールトン東京 →窓からの景色。
中央が「新国立美術館」
その奥は青山墓地。
桜が咲いたらキレイかも?
左手には六本木ヒルズが
そびえ立ちます。
ザ・リッツカールトン東京
ザ・リッツカールトン東京 ←浅黄色?黄土色?
センターテーブルは
コントロールパネル
ザ・リッツカールトン東京 ←レースのカーテンを閉めて
みました
→フッカフカ〜 ザ・リッツカールトン東京 →このバスローブが
良いんです〜
ザ・リッツカールトン東京

内装は極めてシンプル。写真としてのインパクトは少ないかもしれませんが、趣味の良い客室です。
デスクもオシャレで機能的。スリッパはフッカフカ!でもスリッパに関しては「コンラッド」の方が好き。パジャマは白の前ボタン。そしてなにより1番気に入ったのはバスローブ!内側がタオル地で外側はサテン(?)。軽くてモサモサしないし、痩せて見える(?)気がします。

アメニティーはブルガリ。1セットしか置いていませんでしたが、足りなければもらえます。 
洗面台は2つに別れています。お風呂のTVたぶん、20型。 今や定番のレインシャワーも付いていますし、普通のシャワーはマッサージシャワーでした。バスタブは、まぁ普通。枕もあったけど、TVの位置がちょっと遠いので枕に頭を乗せてリラックスしてTV(マンダリンがそうだった)と言うより、バスタブの縁に顎を乗せて・・・・って感じです。

ザ・リッツカールトン東京 ←→
右写真の右側のシンクが
左写真。
この反対側がバスタブに
なっています。
ザ・リッツカールトン東京 ←洗面所の入り口には
大きな扉が付いています。
ソレも含め、本当は
もっともっと広々していて、
素敵なんですが、
上手く写真に撮れません
でした・・・
→バスタブ。
バスルームの入り口から見て、
正面と右側にシンク。
右手シンクにはTV設置。
左手にバスタブ、右斜め前に
シャワーブース。
左斜め前にお手洗い。
ザ・リッツカールトン東京 ↑→上の写真の中央部の
扉がシャワーブースに
なっています。左手反対側
の扉はお手洗い。
レインシャワーとハンド
シャワーです。
ザ・リッツカールトン東京
ザ・リッツカールトン東京 ←シャンプーセット。
1セットしか置いていませんが、
十分2人で使えます。
でも・・・・もう1セットもらっ
ちゃった。
ザ・リッツカールトン東京
ブルガリの入浴剤。

さて・・・しばらくお部屋のチェックをして、今度は館内見学!と威勢よく出掛けたのですが・・・・足が痛い!
あえなく退散・・・プールしか見学できませんでした・・・・・せっかくのリッツカールトンなのに(涙)
部屋に戻った私達は、再び絆創膏を取り出し、親指とか薬指とかにペタペタ貼り付けて、食事に出かけました(お目当てのイタリアン(ピッツェリア・トラットリア ナプレ/ガーデンテラス1F)が予約で満席だったので、ミッドタウン内の中華にしました。まぁ・・・特筆するほどのことはありません)。
しかし・・・どうして女はこんなにも無理をして痛い靴を履くのか!?
ウンザリしながらも、やめることは出来ない・・・

さて!そんな痛〜い靴を脱ぎ捨てプールへ!
貸切です♪

「リッツカールトンのプールが貸切(ハート)」なんという幸せ〜

ザ・リッツカールトン東京 ←20メートルプール
右奥にジャグジー
があります。
ザ・リッツカールトン東京
→プールから。
青く縦長に光っているのが
六本木ヒルズの
森ビル。
ザ・リッツカールトン東京 ↑前後に浮かび上がる
鏡。

ロッカーを借りると有料なので、お部屋で着替えてバスローブか、ロッカーを借りずに更衣室で着替えてもOKです。
中に入ると係りの人が出てきて、ベッドを作って、ミネラルウォーターを持って来てくれます。あとは泳いだりジャグジーに入ったりお好きなよ〜うに過ごしてください。大きな窓からはヒルズが見えます。
ちなみに・・・・Cちゃんをほったらかしでバシャバシャ1キロ泳ぎました♪ちょっとはしゃぎすぎ〜


お休み前のお水は「マドンナ」愛飲、ノルウェーの「VOSS」〜。グランドハイアット以来です(現在は使用されていません)
ベッドは何処の会社か確認し忘れましたが、このクラスのホテルになると寝心地は満点なのは当たりまえ(?) いつものことですが、グッスリすやすや、でした。

茶器の他にコーヒーカップも置いてあります。そのお茶類はさすがにリッツ!上等〜 フォートナム・メイソンのロイヤルブレンドまで置いてありました。お砂糖は大阪と同じスティックタイプ。ディーン&デルーカに売ってます。
有料ですが、エディアールのお菓子もいっぱい置いてありました。

ザ・リッツカールトン東京 ←「VOSS」
マドンナが大好きなお水です。
ザ・リッツカールトン東京 ←エディアールのお菓子(奥)。
→日本茶用の茶器。
他にコーヒーカップがあります
ザ・リッツカールトン東京 →お茶セット。上等〜
紅茶は全て
「フォートナムメイソン」。
コーヒーはオリジナル?
ザ・リッツカールトン東京
ザ・リッツカールトン東京 ←オレンジジュースが
美味しかった〜
ザ・リッツカールトン東京 ←くるみのパン
コレも美味しいイ


翌日・・・・・幸せな時間もあとちょっと・・・遅めの朝食をホテルでとって、お部屋で名残を惜しんでサヨナラです〜
今度はペニンシュラ♪最高に楽しみです♪♪♪(泊ってきました♪



おまけ・・・
ザ・リッツカールトン東京
タワー側のレストランからの景色。
東京タワーとの距離感は
こんな感じ。
夜景だともっとキレイだと思います。




〜ザ・リッツカールトン東京〜

東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン
03-3423-8000


〜全て参考表記です。詳細は必ずご自身で確認して下さいね〜




〜東京のホテル!泊まってみたいホテル36選〜
〜のんきな日常〜